岡山県立城東高等学校_校章
岡山県立城東高等学校_校章
岡山城東高校

台風などに対する臨時措置

台風、出水などに対する臨時措置

警報発令時には、生徒手帳にも書いてあるように、以下の通りとします。

  1. 特別警報(種類を問わない)、暴風警報、暴風雪警報または大雨・洪水警報(大雨警報と洪水警報がともに発令されている場合)の少なくとも1つが、岡山市、瀬戸内市、備前市、赤磐市、和気町、倉敷市のいずれかに発令中の場合は、自宅待機となる。ただし、午前10時以後も警報が継続している場合は、臨時休業となる。
    (回線が混雑するので、このことについて電話での問い合わせは控えること)
  2. 警報等は発令されていないが、山陽本線(岡山~瀬戸)が運行を停止している場合は、自宅待機となる。ただし、午前10時までに運行が再開された場合は、直ちに登校する。午前10時以後も運行が停止している場合は、臨時休業となる。
  3. 特別警報、暴風警報、暴風雪警報または大雨・洪水警報のいずれも、岡山市、瀬戸内市、備前市、赤磐市、和気町、倉敷市のうち、どの地域にも発令されていないが、自宅や通学路の区域に警報が出ている場合は登校を控える。事情によって「出席扱い」となる。
  4. 災害等でJRやバス等の公共交通機関が利用できず登校できなくなった場合は、速やかに学校に連絡し公共交通機関が利用できるようになってから登校する。事情によって「出席扱い」となる。
  5. 緊急の場合は別途の指示を受ける。

※上記1-5にかかわらず、常に安全を最優先し無理をしない。