茶道

活動の様子

訪問ボランティア

平成29年8月3日、介護老人保健施設 古都の森 に伺い、浴衣を着てミニお茶会を開きました。
1階のレクリエーションルームで3席の薄茶点前と運び点前を見ていただき、デイケアで訪れたり入所されたりしている約60名の方々に、お抹茶と和菓子をお出ししました。お一人おひとりとお話しする時間も少しですがもつことができました。

 

オープンスクール

平成29年7月28日、第1回オープンスクールの部活動見学で、とても多くの中学生や保護者の方が来てくださいました。大勢のお客さまで、嬉しい悲鳴でした。

 

「榮西茶会」参加

平成29年4月23日、毎年後楽園で開かれる「榮西茶会」に参加しました。鶴鳴館での表千家の席と、野点(のだて)の裏千家の席に入り、その後、能舞台で行われた榮西禅師献茶式に参加しました。快晴の清々しい一日で、後楽園の美しい景色の中でお席に入ってたくさんの発見をし、もっと色々茶道のことを知りたいと思ったと口々に言っていました。

 

留学生お別れ会

平成29年3月21日、オーストラリアからの留学生で、茶道部とバレーボール部で活動していたエリザベスさんが、1年間の留学を終えて帰国することになり、お別れの会を開きました。書道部員に頼んで書いてもらった母国を表す「豪」の字の色紙や、名前入りの塗り箸など、生徒は心のこもった贈り物をしました。日本の思い出にリズは浴衣姿で過ごしました。

 

卒部会

平成29年3月1日、卒業式の後、卒部会を行いました。1,2年次生も3年次生も部員全員一人ひとりが挨拶をして、涙の卒部会でした。また、後輩の姿を見に翠緑祭の「白露庵」に遊びに来てくれることでしょう。皆の活躍を祈っています。

 

「名月観賞茶会」参加

平成28年9月15日、毎年後楽園で十五夜の日に行われる「名月観賞茶会」に参加しました。野点(のだて)で、色々な趣向が凝らしてあり、部員は初めて校外のお茶会に参加しましたが、大寄せのお茶会での客の作法を学んだり、日頃習っている作法の意味に改めて気づいたりして、体育祭の夜とは思えないほど心穏やかに家路につきました。お昼は雨も降り、夜はずっと曇っていましたが、幾度か瞬間的に満月を見ることができました。

 

翠緑祭文化の部「白露庵」

平成28年9月12日、今年もお茶会「白露庵」を聞きました。今年の掛軸は「清流無間断(せいりゅうかんだんなし)」、お菓子は「月の宴」です。この日に向けて、薄茶点前、運び点前、半東、着付けなどの稽古をしてきましたが、15回開いた席の全てがほぼ満席になり、350名を越える多くの方がお越しくださいました。お客様の写真は掲載できませんが、本当にたくさんの方がお茶会に足を運んでくださって、ありがとうございます。穏やかなひとときを過ごしていただけましたなら、うれしいです。この日は多くの卒業生が後輩の顔を見に来てくれました。

 

韓国高校生と交流

平成28年8月4日、韓国慶尚南道から高校生18人を迎えて、茶道体験を行いました。初めて畳に座ってお抹茶と和菓子を口にする韓国の高校生に作法を伝えたり、浴衣の着付けを手伝ったりしました。お互いに色々発見があって、楽しい時間になりました。

 

練習内容

毎週火曜日に、表千家茶道講師の井上先生に来ていただいて、練習しています。
毎回、お抹茶を、四季折々の和菓子と一緒にいただきます。

・ 具体的には、畳の歩き方やお辞儀の仕方などの基本の所作、薄茶(うすちゃ)と菓子のいただき方などの客の作法と、基本からお運び、薄茶点前などの練習をしています。
・ 9月の翠緑祭までに顧問の先生や上級生から浴衣の着付け、帯の結び方を習い、全員が自分で着られるようになります。
・ 毎回、季節の花を生けたり、床の掛軸に書かれている言葉の意味を学んだりする機会があります。
・ 講師の先生が来られない日も練習日を設けています。

主な行事

・ 4月 新入生歓迎会・体験入部・外部の茶会参加(榮西茶会)
・ 8月   訪問ボランティア
・ 9月 翠緑祭文化の部 白露庵(岡山城東高校茶道部 茶会)
・ 1月 初釜(はつがま)
・ 3月   卒部会

※学校行事と日程が合えば、上記の他にも外部で行われる茶会に参加する機会があります。
※他にもクリスマスなどに楽しい行事を行っています。

 

基本情報

部員数

平成29年度茶道部部員は34名(男子13名、女子21名)
…3年次生 15名
…2年次生  7名
…1年次生 12名

(平成28年度35名、平成27年度34名、平成26年度28名、平成25年度28名)

活動場所など

礼法室(1棟3階)
…いつもたくさんの部員が、広い和室いっぱいに集まって活動しています。
…床(とこ)、炉(ろ)、水屋(茶の湯の準備をする場所)など、茶室としての設備がとても充実した、恵まれた環境で活動しています。
…通常は2つのお釜を用意して練習しています。
…平成29年度に立礼卓(りゅうれいじょく)という椅子式の棚が入り、お稽古の幅が広がっています。

 

茶道部の魅力

入部前は、私たちもほとんど全員が初心者だったので、茶道のことを全然知らなくても大丈夫!!
先生方が優しく丁寧に教えてくださいます。
毎年翠緑祭で開く『白露庵』が大盛況!!
校内外からたくさんのお客さんに来ていただいて用意していたお菓子が足りなくなるほどです。
薄茶とお運び、客の点前の練習をしているうちに、礼儀作法も自然と身につきます。
浴衣の着付けの稽古も毎年しているので、上級生になるにつれて慣れてきて、色々な工夫もしながら一人できれいに着られるようになります。
希望すれば、表千家不審庵(ふしんあん)の茶道許状も申請でき(学割あり)、毎年多くの部員が申請しています。
(許状の種類は、「入門」 「習事(ならいごと)」 「飾物(かざりもの)」)
「茶道部」と聞くと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、部員たちは本当に仲が良く、部活動が大好きです。
忙しい日々の中でほっとできるこの時間をとても楽しみに、そして大切にしています。
これからも和の心を大切にしながら、精一杯活動していきたいと思います。
少しでも興味のある方は、気軽にのぞいてみてください。

(by 茶道部部長)