岡山城東高校の日々をつづります
岡山城東な日々

入学式~城東生としての第一歩~

4月9日,入学式があり32期生360名が城東生としての第一歩を踏み出しました。
校長は式辞で校訓の「進取・協同」と「城東の自由」について話しました。

校長式辞より(一部抜粋)

ここで、岡山城東高校の精神的支柱となっている、校訓の「進取・協同」と「城東の自由」についてお話しします。
「進取」は、新しいことに積極的に挑戦することを言います。現代社会はかつてないスピードで進化しています。そのような中では、現状維持は後退を意味します。まず社会の変化をしっかり認識し、常に先取りすべく、新しいことに進んでチャレンジしていくことが大切です。
「協同」は、目標の達成のため、様々な立場の人が力を合わせることを言います。実社会でも、新しいことを始めるときには、様々な専門分野の人がチームを組んで、協力して取り組みます。城東には、広い範囲から多彩な個性が集まっています。互いを尊重し、それぞれの持ち味を生かして、助け合い高めあいながら成長し、3年後には世界を視野に、次のステージに踏み出してもらいたいと思います。
また、「城東の自由」は、開校以来、各期の生徒会が連綿と継承している行動の指針で、進取・協同を効率よく具現化する環境条件ともいえます。皆さんは、ここ城東で、多くの選択肢の中から、自分の自由な判断で、友と協力して新しいことにチャレンジできる環境にいます。しかし、自分で自由に判断したことには当然責任が求められます。自由は互いの自由を認め合ってこそ成立するものだからです。これは学校生活に限ったことではありません。皆さんは18歳になれば有権者となり、政治に参加することが求められます。他人の自由を尊重しながらも、最善の決断が下せる正確な判断力を身につけるためにも、他に流されない信念を持ち、何事にも主体的に取組んでいくことを心がけてください。
私たち教職員は、皆さんを自ら考え、自ら行動し、自ら責任が取れる、自律した人間と認めて接します。このような信頼関係のもと、城東の自由は成立しており、城東の教育が展開されています。皆さんは決して城東の自由を履き違えることなく、城東生の自覚をしっかり持って、城東の伝統をさらに発展させてもらいたいと思います。

新入生代表は,溌剌と声高らかに宣誓を行いました。

最後に,1年次団のスタッフが紹介されました。これからともに頑張っていきましょう!

カテゴリー: 城東な日々, 学校行事 パーマリンク

転退任式~会者定離~

4月は出会いと別れの季節。新任式の後は,転退任式がありました。出会いがあれば別れがあるのは世の常。これを「会者定離(えしゃじょうり)」と言います。今年度は,15名の先生が本校を去ることとなり,転退任式でお言葉をいただきました。

退場では2年次生と3年次生が花道を作ります。別れを惜しみ,先生に駆け寄る生徒も多く見られました。

カテゴリー: 城東な日々, 学校行事 パーマリンク

新任式~新しい先生を迎えて~

新たなクラスで新しい担任との顔合わせが終わると,午後から新任式がありました。

今年度は18名の新しい先生を迎えることとなり,代表の中山先生が今の時期と城東生を象徴する言葉として「山笑う」という言葉を紹介しました。新しい先生,新しい友だち,新年度が始まりつつあります。

カテゴリー: 城東な日々, 学校行事 パーマリンク

クラス発表と新入生登校日

時おり霧雨が降る中,昇降口で新2,3年次生のクラス発表がありました。仲良しと離れたことや新たに同じクラスになれたことを発見して,悲喜交交といった様子で,新しいクラスの中に自分の名前や友達の名前を探していました。

同時刻,新入生は体育館で緊張しながら,所属クラスの発表を見て整列していました。その後,入学式に備えて礼法指導,合唱部の上級生の歌声を聞きながら校歌の練習などが行われました。

いよいよ,月曜日から新たな城東生となる新入生の皆さん,入学式では練習の成果を発揮して元気に校歌を歌いましょう。

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

新品入りました!

新品!新品!!新品!!!

第1生物教室の後方のモニター2台が新しくなりました。デジタル入力で小さい文字までくっきり見えます。

第1化学教室はモニター4台とプロジェクターが,第2化学教室もモニター4台が更新されました。化学の先生に頼んでモニターとプロジェクターで別々の映像を表示してもらいました。

さらに,合併教室にプロジェクターが設置されました。ランプ式でなくレーザー式なのですぐ点いて,すぐ消えて,またすぐ点くという優れものです。

スクリーンも周りの黒枠がない全面白色の大きなスクリーンです。

3月26日から工事をしていたエアコンの更新ですが,各教室のエアコン60台(各教室2台)の取り付けが完了しました。あとは,室外機等の取り替えを進めていきます。5月に完成予定ですから,今年の夏は,3学年すべての教室で新しいエアコンを使用できそうです。

コントロールパネルも新しくなってます。

新年度に向けて学習環境の整備も着々と進んでいます。

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

退職教員とのお別れ会

 平成29年度最後の日、3月30日の夕方、本日をもって退職される先生方とのお別れの会を行いました。

年数の長短はありますが、城東高校、岡山県の教職員として尽力されたことに感謝の意を表し、今後のますますのご活躍をお祈りしました。

また、退職される先生方から城東高校の生徒への心のこもった熱い激励の言葉をいただき、生徒教職員一同、別れの寂しさをかみしめるとともに、改めて感謝の気持ちを強く抱きました。

   

 

 

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

席替えをしました

・・・と言っても、これは職員室の話。
新年度用に配置を変えるため、荷物をごっそり運び出して、
この日の朝はご覧の通り。

まずはほうきで掃除。
1年分のホコリを集めます。

続いて剥離剤を使って、汚れを徹底的に落とします。

これは掃除機ではなく、汚れた水を吸い取る機械。
こんな機械があるのですね。

窓も高圧放水機できれいに。
落ちないように、気をつけてくださいね。

ワックスを塗ると、ご覧のように、ピッカピカ。

新入生より一足早く、新入”先生”、
4月からのお席はもう用意できていますよ。

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

時間割を作っています

 

時間割って・・・どうやって作っているかご存じですか?
今の時代、コンピュータ教室で、ポン・・・

・・・ではないのです!
匠の技を伝承して、手作業で組んでいるのです。

設計図となる講座編成表をもとに
こうやって、すべてのクラス、すべての教員の時間割を
なんと、人間が組み上げているのです。

全校で29クラスの1週間のすべての授業、教員の行くすべてのクラス名、
これらを、このコマに1つ1つ貼って行きます。

それを人の手で、使用教室が重複しないように、
同じ教科が1週間に分散するように、
同じ科目が2日連続して入らないように、
非常勤講師の来校日に合うように、
1日の教員の授業数が過重にならないように、
・・・などの、とても多くの条件に合うように作っていきます。

AI(人工知能)は進歩して、時間割作成ソフトもありますが、
100人弱の教員、29のクラス、
そして城東の特徴である、自由選択科目群、
これらの条件をクリアするには、実はまだまだ人間が勝っているのです。
匠さん、目立たぬお仕事、ありがとうございます。

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

「The Global Enterprise Challenge 2018」に2年次生7名が挑戦しました。

平成30年3月25日(日)に、高校生がチームを作り、世界が共通に抱えている課題を解決するためのプランを作成・提案する「The Global Enterprise Challenge 2018」に2年次生7名が挑戦しました。
午前8時に主催者から「世界の乳幼児の死亡率を下げるためのビジネス開発」という課題が与えられると、7人はインターネットや資料を探し、しっかりと議論を行いながら解決策を検討しました。そして、それぞれ役割を決めて、解決策の具体化を始めました。
8時に出された課題の解決プランの提出期限は18時です。10時間も時間があると思っていましたが、必要なデータをきちんとまとめながら、資料を全て英文で作成するということもあり、提出の期限を少し過ぎてしまいました。
資料の提出が終わったら、次はこのプランを説明する動画を20時までに作成し、インターネット上にアップロードしなくては行けません。 全員が協力しパワーポイントを作成し、録音をして、なんとか動画をアップできたのは午後8時を30分ほど過ぎていました。
この大会には、参加したいと興味をもった2名の生徒が呼びかけ、チームを作りましたが、全ての学類から参加者があり、まさに本校SGHの「異力の統合」が実践されました。

 
全国から35チームが参加したこの大会の結果はどうなるかわかりませんが、かけがえのない貴重な体験をした7人は、本当に満足した表情を浮かべていました。


チーム名 Tutti
参加者  土屋くん
有元さん
菊地さん
鷹取さん
陶山くん
秋山くん
渡邉くん

カテゴリー: SGH パーマリンク

SGH甲子園に2年次生の2名が参加し、研究成果を発信しました。

平成30年3月24日(土)に、関西学院大学上ヶ原キャンパスで、「SGH甲子園2018」 が開催されました。
このSGH甲子園には、研究成果プレゼンテーション、研究成果ポスターセッション、ラウンドテーブル型ディスカッションの3つの部門があり、研究成果ポスターセッションに2年次生の渡邉さんが、ラウンドテーブル型ディスカッションに2年次生の土屋君が出場しました。

この発表会には、全国のSGH校やアソシエイト校101校から141チームが出場しましたが、どの発表でも、高校生からグローバル社会に生じている様々な課題についての解決策が提案されており、大変興味深いものでした。

研究成果ポスターセッションに出場した渡邉さんはインスタグラムを利用した観光開発をテーマに研究を行い、インスタグラムを有効に活用することで約10%集客数を向上させる方法を提案しました。

また、ラウンドテーブルディスカッションでは、「グローバルな人材を育成するために必要な日本の教育改革」というテーマに土屋君が参加しました。土屋君は教育改革に必要なこととし
て教師のグローバル化を掲げ、外国と連携して相互派遣制度を実施することなどを提案しました。

両名とも岡山城東高等学校の代表として、これまでスーパーグローバルハイスクールの教育活動を通じて研究した成果をしっかりと発信してくれました。

この会の最後には生徒同士の交流会があり、多くの生徒が活発に議論する姿を目にしましたが、多くの生徒が目を輝かせ語り合っていました。この経験は、これからの人生の大きな糧になると信じています。

カテゴリー: GLOBALⅡ, SGH パーマリンク