岡山城東高校の日々をつづります
岡山城東な日々

人文社会学類研修 マレーシア(第1日)

クアラルンプール空港。ここは黒川紀章氏が設計したことで有名。

機械の故障などもあり、入国審査に1時間半もかかった。

少し疲れたような表情で、バスに向かう。

  

 

夕食会場。ナシゴレン、春巻き、温野菜、豆腐のスープの、四品の軽食が出たが、

皆、ちょっと物足りなそうにしていた。

 

 

パールインターナショナルホテル到着。

班長会で翌日の予定や注意事項を確認して、就寝。

カテゴリー: 学類研修 パーマリンク

人文社会学類研修 関東コース (第4日)

今日は薄曇り。気温は高め。
午前中、東京国立博物館に入り、本館や考古学館、東洋館、法隆寺館などで国宝や重要文化財などの貴重な展示品を見ることができました。

 

次は、スカイツリー内を散策しました。

スカイツリーの展望台から東京を俯瞰し、それぞれ何を思ったのでしょうか。

体調不良者もなく無事に4日間の研修を終えることができました。
思い出とともに、何か一粒でも心に種がまかれていることを願って、このブログも終わりにしたいと思います。
ありがとうございました。

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

理数学類研修 つくば・関東コース (第4日)

理数学類つくば関東コースの最終日です。

午前中は、東京大学の弥生講堂で、「地震研究ー強い揺れの成因を探り防災に活かすー」と題して東京大学地震研究所 古村孝志教授の講演を拝聴しました。

この研修中は地震がないと思っていましたが、6/21の1日で体に感じない地震を含めると、日本で437個の地震が観測されていたそうです。

100年から150年毎に起きている南海トラフ地震については、スーパーコンピュータで作成した、1707年の宝永地震の強い揺れと津波のシミュレーションを見せていただきました。また、岡山についても地震活動は低いが、過去に周域の大地震で強い揺れが発生し、度々被害が起きているとのことです。

日本は地震国であるため、災害を減らすために地震研究を続けておられるそうです。この講演会は城東生用に特別にご用意くださり、生徒もとても興味をもって参加できていました。

古村先生ありがとうございました。

 

講演会の後は東京大学構内を散策しました。

 

お昼は横浜中華街で食べた後、中華街を散策しました。

       

 

その後は、三菱みなとみらい技術館を見学し、赤レンガ倉庫での最後のおみやげを買いました。

     

 

3泊4日の旅でしたがしっかりと良い研修ができたと思います。研修中は城東生のマナーの良さをたくさん見ることができました。バスのガイドさんや運転手さんもあいさつや時間通りの集合解散に感心されていました。

2日目の筑波大学のフードコートでの昼食時には、あふれたごみ箱をそっと片付けている城東男子の姿もありました。

さすが城東生です。みなさんお土産話を楽しみにしていてください。

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

理数学類研修 マレーシア(第4日)

今日は、午前中はマラヤ大学を訪問しました。植物園に入園させていただき、以前この大学で勤務していた本校教員による説明を聞きました。

 

その後、マラヤ大学の図書館にも入館し、大学の方に案内をしていただきました。

 

昼食はマラヤ大学の学食で食べました。
これは、ナシ・アヤムというメニューですが、なんとたったの150円!オレンジジュースは1杯30円という安さでした。
おいしかったです!

 

午後は市内観光を行い、夕食後空港に向かいました。

そして6月23日(土)5:35、無事に関西国際空港に到着しました。
今回の学類研修でお世話になった皆様、本当にありがとうございました!

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

理数学類研修つくば・関東コース (第3日)

今日は朝から1日、班別自主研修の日程でした。
各班が事前に決めた計画をみると、スカイツリーや浅草、築地を目的の1つに入れている班が多いです。
他には理系らしく秋葉原や国立科学博物館、国立博物館、科学未来館などを見学したり、女子高生の聖地、原宿や表参道、渋谷に行く班やネズミの大国(別名:ディズニーランド)に行く班もありました。
ホテルでの帰着チェックではどの班も笑顔でした。みんな無事に帰ってきて安心しました。お土産もしっかり買えたかな。

今日は自主研修にこっそりついていくこともできないので、アップする写真が次の2枚くらいしかありません。
写真は自主研修に買ったお土産を宅配で送るところと明日の注意事項を聞いているところです。

明日はいよいよ最後の研修です。明日も元気にがんばろう!

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

人文社会学類研修 関東コース (第3日)

3日目、曇り。

文京ふるさと歴史館に集合して、ボランティアガイドさんに館内の案内をしていただき、文京地区を散策しながらお話を伺いました。

午前中は東大コースと明大コースに分かれて大学ミュージアム研修
ここから自主研修スタート。各自で現地集合。    

東大コースは文京ふるさと歴史館を出発し、樋口一葉など文豪にゆかりのある場所をガイドしてもらいながら、赤門まで。赤門からは城東OBに案内してもらい、交流もでき刺激を受けました。

            

 

明大コースは日本唯一の刑事博物館を見学。

刑罰の歴史について、実際に刑具を見ながら教えていただくと、恐ろしさだけでなく、人が人を裁くことについても考えさせられました。

この後は班別研修に出発しました。

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

国際教養学類台湾学類研修最終日

台湾コース最終日は天気もよくみんな元気です。

午前中は国立故宮博物院に行きました。中国の歴代王朝の秘宝が展示されています。まずは白菜とキリギリスとイナゴを翡翠でかたどった嫁入り道具と豚の角煮の形と色をした宝石を見ました。古文に出てくる足鼎(あしがなえ、足のついた青銅器)、漢文に出てくる璧玉の実物を見て感動しました。もちろん中国4000年の歴史の偉大さを実感しました。

今は空港に向かっているところです。あと少しですが気を付けて帰ります。

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

国際教養学類台湾学類研修第3日

台湾コース3日目は午前中は桃園治平高校と交流しました。7000人の生徒の多さにびっくり、運動場にあるバスケットリングの数にびっくり、お弁当のカツの大きさにびっくり。そして何より桃園治平高校の生徒の英語能力の高さにびっくりしました。城東生も一緒に映画のアフレコを楽しんで仲良くなりました。帰るときにはお互いの校歌を歌い、お別れするのが辛くてハグしている人たちもいました。

午後からは順益原住民博物館で台湾の歴史を学びました。今ではそれぞれの原住民のアイデンティティが尊重されるようになっているようです。

夕方には台湾の北東部の海岸近くの十份で天灯上げ体験をしました。天灯とは、アジア地域で無事などを願って上げられる小型の気球のことです。それぞれの願いを書いた天灯が空高く上がって行くのを見ていると、本当に叶うような気になってきました。

天灯上げの後は九份に移動しました。九份の階段を上っている途中からかなり強い雨が降りだしましたが、階段脇にある「千と千尋の神隠し」の舞台になった建物などを見て、不思議な気持ちに襲われました。その建物近くの夕食会場で郷土料理をいただきました。スパイシーな台湾の味でした。

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

理数学類研修 マレーシア(第3日)

今日は、午前中は味の素株式会社を訪問しました。
調味料でおなじみの企業ですが、海外で幅広く事業展開をしています。

海外ならではのご苦労ややりがい、また海外で事業展開するにはその国の慣習や宗教、文化を尊重することがとても重要なことなどをわかりやすくお話しくださいました。
興味深いお話に対して、城東生は積極的に質問をしました。

 

 

午後はベルジャヤ大学にて大学生との交流を行いました。

少人数のグループに分かれてのプレゼン、ディスカッションを行い、マレーシアの伝統衣装も着付けしてもらいました。親日な学生が多く、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

今日も現地の方々に大変お世話になり、とてもいい学びと思い出ができました。ありがとうございました!

 

カテゴリー: 学校行事, 学類研修 パーマリンク

理数学類研修 マレーシア クアラルンプール(第2日)

今日の午前中は、クアラルンプールの郊外にあるサイバービュー社(サイバージャヤの支援·開発に携わっているIT企業)を訪問しました。

企業の方からお話をうかがったあと、生徒から様々な質問が出ました。

     

将来、海外で働くことも考えている生徒も多く、視野を広げるよい機会になったようです。

午後は現地の学生とクアラルンプール市内の自主研修に出かけました。

夕食はインド料理。マレー系、中国系、インド系と、多国籍料理が楽しめるのもマレーシアならではです。

        

人文社会学類は第2日朝から理数学類と別コースになります。

マラッカ方面は通信環境が良くないため、人文社会学類のブログは後日更新させていただく予定です。

ご理解よろしくお願いします。

カテゴリー: 学類研修 パーマリンク