岡山城東高校の日々をつづります
岡山城東な日々

人文社会学類 2年次生「国際理解」校外研修

3月16日(金)に校外研修で,オリエント美術館・旧岡山藩学・カトリック岡山教会に行ってきました。「イスラム教について学ぶ」をテーマにした、最初の研修場所のオリエント美術館では、学芸員の須藤先生から関連する展示品を解説していただきました。解説ではイスラム教誕生までのオリエントの歴史の部分で、ユダヤ教・キリスト教についても詳しくふれていただき、イスラム教の特徴についてより深く学ぶことができました。


次に岡山藩主池田光政が寛文9年(1669)に藩士の子弟教育のために創設した学校(「藩学」)跡(?池周辺のみが残る)を見学しました。朝からの雨も上がり、つかの間ではありましたが、のどかな遠足気分を味わうことができました。


最後に、「キリスト教について学ぶ」をテーマにして、カトリック岡山教会を訪れました。聖堂内では、3人の神父さんから話を伺いました。まず主任司祭の瀧井神父からキリスト教の特徴や聖堂内の構造の解説、岡山出身の殉教者(聖ディエゴ喜斎)の話を伺いました。2人目はベトナム人のロイ神父から、3人目はフィリピン人のジョン神父からそれぞれの国の歴史・文化や日本との違い等について話を伺いました。
特に3人目のジョン神父は、英語で話されたので英語の勉強にもなりました・・!


今回の校外学習のテーマは「イスラム教・キリスト教について学ぶ」でした。イスラム教に関連する芸術作品を実際に見ながら解説を聞いたり、キリスト教の聖堂を実際に訪れて話を聞いたりしたことは、2つの宗教を学ぶ上で貴重な体験となりました。

カテゴリー: 学校行事 パーマリンク

人文社会学類 2年次生「文化総合」校外研修

3月16日(金)に校外研修で、2年次生人文社会学類のコア科目「文化総合」選択者約30名がオリエント美術館に行ってきました。

まず初めに、オリエント美術館の学芸員の四角龍二先生に講演をしていただきました。

文化は自然に働きかけることで生まれるため、自然環境が異なれば異なる文化が生まれる。こうして広がった多様な文化について説明されました。

また、先生の研究されている分野の資料や、オリエント美術館が大英博物館やオックスフォード大学などと行っている共同研究で、考古学の学芸員と科学者との協力によって、いつどこで作られたか不明なものも解明できる例を挙げ、共同することによる成果についても話されました。

そして、全国的にも珍しいオリエント限定のミュージアムを岡山市が設立した経緯について話されました。岡山学園理事長であった安原真二郎さんの所蔵品約2000点が岡山市に寄贈されたことを機に作られましたが、それだけでなく、オリエント史などの歴史研究を愛し、大学の教壇にも立たれたことがある故三笠宮崇仁親王殿下(元オリエント美術館名誉顧問)の「歴史には真摯に向き合うべき」というお気持ちを受けて、東アジアの歴史を次代に伝えるために設立されたということでした。

現在は、さらに充実した約4800点余りの収蔵品を東アジア地域を代表して管理し、オリエント研究の拠点としてのオリエント美術館の重要性が増していることや、非日常に身を置いて異文化に思いを馳せる空間としてのミュージアムの価値についてお話しいただき、生徒はミュージアムの意義について改めて学ばせていただきました。

その後、四角先生の解説を聞きながら、展示物を見学しました。
展示物から感じることや、想像する力の重要性について、展示物の形や作り方の違いから説明してくださったほか、その展示物に秘められた思いをお聞かせいただきました。

今回の校外研修では、非常に密度の濃いすばらしい時間を過ごすことができました。
「文化総合」選択者の皆さんが、異文化を学び、さまざまなことに思いを馳せ、世界に羽ばたいて活躍してくれることを期待しています。

カテゴリー: 学校行事 パーマリンク

合格発表です

本日は雨。
時計台もかすんで見えます。
そんな中・・・

特別入試、海外帰国入試、そして一般入試の合格者発表がありました。
合格者には手続き書類が、学校の先生を通じて渡されます。
もれなく書類を準備の上、次は合格者登校日の入学説明会でお会いしましょう。

 

カテゴリー: 学校行事 パーマリンク

プチ「卒業式」を挙行しました

3月1日を過ぎての卒業式???

実は、卒業式当日、大学受験のため出席できず、
その後も高校入試で登校できず、
ようやくこの日、証書を授与できることになった卒業生に
ささやかなプチ「卒業式」を挙行しました。

校長より、一人一人名前を読み上げての、卒業証書授与、
そしてプチ「校長式辞」、担任からのプチ「送辞」
そして卒業生一人一人からプチ「答辞」と続きます。

校歌も歌います。
だって彼らは音楽学類ですもの。
校歌3番はオブリガートをつけて歌いました。

式後は、参列した教員で「草原の別れ」を歌いました。

最後は「威風堂々」のメロディーと拍手に送られ、
プチ卒業式は滞りなく終了しました。

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

平成29年度海外修学研修 8日目、9日目

イギリスを離れる日になりました。

朝食の後、荷造りを終えて、修了式を行いました。
Ardmore Berkshire College 
で8日間を過ごし、英語コースのプログラムを終えたことに対する修了証が、担当スタッフのAgaさんから一人ひとりに渡され、生徒がお礼の気持ちを伝えました。もう一人の担当スタッフのMJさんは前日に誕生日を迎え、早朝にオランダにいる家族のもとへと出発したため、今回の修了式には参加できませんでした。
修了証には生徒毎に異なるコメントが手書きで書かれていて、特に英語の授業についてのコメントはお世話になったKay先生の直筆で、生徒は感激していました。

寮からスタディセンターへ向かう道、自然あふれる風景、毎日おいしい食事が出された食堂も、これが最後だと思うと、名残惜しい気持ちになりました。

出発までの時間、最後のアクティビティとして、絵を描きました。Ardmore Study Centreに飾ってくださるそうです。Ardmoreで学んだ記念が残せたらと、日本、岡山の紹介や、イギリスの思い出を思い思いに描いていました。

別れの時です。毎日早朝から夜遅くまで色々お世話になったAgaさんに生徒全員からプレゼントをしました。彼女は一人ひとりにハグをしてくれ、バスの出発まで涙ぐみながら手を振ってくれました。彼女のことを、参加した全員がずっと忘れないでしょう。

午後はHughenden Manor(ヒューエンデン邸宅)を訪れました。英語でガイドをしていただきながら部屋を巡るハウスツアーを体験し、素晴らしい建物と手入れの行き届いた庭園にイギリスの歴史と伝統を感じました。生徒から質問もしていました。
ここは、ユダヤ人でありながら保守党から2期の首相を務め、ヴィクトリア朝を代表する政治家として活躍し、後に伯爵の称号も与えられたディズレーリの邸宅で、彼を寵愛し、この邸宅を何度も訪れたというヴィクトリア女王の肖像画も飾られていました。第2次世界大戦中は屋敷の地下が最高機密の空軍基地として使われていたという歴史もあり、現在はナショナルトラストによって管理されています。

イギリス時間3月10日午後7時(日本時間11日午前4時)にヒースロー空港を出発しました。
羽田空港までは12時間半。前半は日記をつけたり、予習をしたりする姿も見られましたが、機内泊ということで睡眠と2回の食事をとったためか、羽田空港到着までが短く感じられたようです。

羽田空港で乗り換え、出発はわずかに予定より遅れましたが、午後7時40分に岡山空港に無事到着しました。
保護者の方々に見守られる中、浅沼校長、年次主任の秦先生の出迎えで解散式を行いました。

校長から「これからの人生に今回の経験を生かしてほしい、城東生に研修のことを伝えていってほしい」などのメッセージがあった後、生徒が「正直、個々の英語の力には差があるけれど、たくさんの人々と出会い、失敗を含む経験をする中で、本当に大切なのは英語力というよりも、何を伝えたいか、どう行動するかだと感じた。これから頑張っていきたい。」と挨拶をし、全日程で大変お世話になったツアーガイドさんともお別れをして解散しました。

生徒全員が体調を崩すこともなく、充実した旅程を終えて無事帰ってこられたことに、心から感謝しています。色々な方々の支えがあってこの研修を行うことができました。本当にありがとうございました。

 

カテゴリー: SGH, 海外修学研修 パーマリンク

新年度用教科書購入です

なにやら行列が・・・

近づいてみると ・・・ 手には紙とお金?

なるほど、新年度の教科書を買っているのですね。

本屋さんも大忙しです。

城東高校では、選択科目に合わせた購入表を、一人一人作っています。

買った教材には、お名前をお忘れなく!

カテゴリー: 城東な日々 パーマリンク

平成29年度海外修学研修 7日目

7日目は、本格的なEnglish breakfastでした。

Ardmore Berkshire Collegeでtourism(観光学)を学ぶ同世代の学生とセッションを行いました。まず、観光に関する基本的な知識を講義していただきました。基本的な内容を、ゆっくりとした英語で話してくださったので、十分に理解できたと思います。続いて、日本、イギリスの観光地に関するクイズに現地学生ともに挑戦しました。その後、日本、岡山、城東高校の紹介を現地学生に行い、イギリスとの違いなどを話し合いました。同世代とはいえ、教育システムが違うので、3教科しか履修せず、週3日の登校で、アルバイトをしながら、就職に向けて職業訓練や課題に取り組むという生活に、城東の生徒は驚いていました。最後に、城東高校校歌を披露し、セッションを終えました。

その後、プレゼン準備などでお世話になったケイ先生に、先ほどの現地学生とのセッションや研修全体の振り返りを、生徒との対話を通して行っていただきました。発音、語法、聴き手への理解を深め、聴き手の存在を意識したプレゼンをするなど様々なアドバイス、今後の英語学習への励ましをいただきました。特に、難しい英語を使っていることがあるので、シンプルな英語を話すようにとネイティヴの先生から、指摘していただいたことは、普段、意識することのない点だったのではないでしょうか。最後に、It is better to have tried and failed than never to have tried at all.(何もしないより、挑戦して、失敗したほうが良い)という言葉をいただき、振り返りが終わりました。ケイ先生は、元々、城東高校のプログラムの関わる予定のなかった先生で、我々のArdmore Berkshire Collegeでの活動をサポートするスタッフの呼びかけに応じて、ボランティアで指導をしてくださいました。生徒、引率教員ともに感謝の気持ちでいっぱいです。

昼食は、朝食に引き続きイギリスらしい、フィッシュ・アンド・チップスでした。Ardmore Berkshire Collegeは、農業のコースがあり、広大な農場を有していることもあり、毎食、豊富な野菜とともに、たくさんのおいしい食事が、毎回、提供されました。生徒も、しっかり食べて、体調不良をもなく、過ごすことができました。

午後は、ケイ先生のご紹介で、アン先生の英語の授業を受けました。アン先生も、元々はプログラムに関係していない先生で、ご厚意で授業をしてくださいました。授業内容は、失礼なく相手に自分の気持ちを伝えるのに必要な助動詞、仮定法を使って場面に応じた表現を学ぶものでした。ケイ先生がアドバイスしてくださった聴衆の存在を意識するという点にもつながる点です。

その後、過去の海外修学研修で生徒が偶然知り合ったことから、交流の始まったGutch夫妻のお話をお聞きしました。Gutch氏はイギリス人、奥様は岡山出身の日本人で、イギリスに来られて40年とのことでした。Gutch氏は英語で、奥様は日本語で、Gutch氏の日本での経験、奥様のイギリスでの経験、国際結婚についてなどを話していただきました。グローバルという言葉が認知されるはるか前からのお二人の経験談に、奥様の焼いてきてくださったカップケーキと紅茶を楽しみながら、生徒は様々な質問をしていました。

夕食後は、英語字幕で映画を楽しみました。映画の前に、Ardmore Berkshire Collegeでの活動を初日からサポートしてくれた現地スタッフのMJさんが、誕生日ということで、サプライズで、生徒から歌と日本のお菓子のプレゼントを贈りました。Ardmore Berkshire Collegeのスタッフ、Roberts平浩子さん、Kay先生、S.Ram氏、Phillip氏、Ann先生、Gutch夫妻、現地の学生など様々な方々のつながりで成り立っている研修であると再認識した1日でした。そのような研修もあと1日です。明日は、Ardmore Berkshire Collegeを午前中に出発し、元英国首相ディズレーリの邸宅で、現在はナショナル・トラストによって保全されているHughendenを訪れたのち、ヒースロー国際空港に向かい、出国です。

カテゴリー: SGH, 海外修学研修 パーマリンク

平成29年度海外修学研修 6日目

6日目を迎えました。

Ardmore Berkshire Collegeで、午前中は、帰国後に終業式で行う帰朝報告の準備をしました。先日に引き続き、ケイ先生に指導していただきました。ケイ先生のおかげで、発表の流れの作り方をコツを掴めたので、より良い仕上がりになりそうです。帰国後は、今日以降の経験を発表に盛り込み、終業式に向けて準備していきます。

この日はイギリスに来て初めての快晴でした。

昼食後は、現地の学生とスポーツを楽しみました。城東生、現地学生の混合チームを作り、ハンドボール、フリースローをベースにしたゲーム、ベンチボールというゲームを行いました。久々に体を動かしたので、良い気分転換になりました。引率教員も、チームに参加し、プレーしました。

その後、明日、Ardmore Berkshire Collegeでtourism(観光学)を学ぶ学生とイギリスと日本の観光を題材に様々な活動をための準備を行いました。夜のアクティビティでは、ミサンガづくりをしました。思い出に残るお土産ができました。

いよいよ、イギリスで過ごすのもあと2日となりました。大きなトラブル、体調不良もなく過ごせているので、この調子で最後まで頑張ってもらいたいです。

カテゴリー: SGH, 海外修学研修 パーマリンク

平成29年度海外修学研修 5日目

5日目は、現地の11歳から18歳が通うCranford Community Collegeでの学校交流です。滞在先の最寄り駅まで、タクシーで送ってもらい、電車でCranford Community Collegeを目指しました。ロンドンでのフィールドワークでtube(地下鉄)を使用していない生徒とっては、初めての電車移動です。到着駅では、国際交流を担当するPhillip氏が、待ってくれており、学校までPhillip氏の運転で向かいました。現地の高校生と合流した後、4つのグループに分かれ、今まで準備してきたプレゼンを行いました。プレゼンの後は、プレゼンをもとに話し合ったり、なぞなぞやイギリスや日本に関するクイズを一緒に考えたりして、交流を深めました。地元のサッカーチームが設立した屋内サッカー場Super Domeを見せていただいた後、昼食をとりました。午後は、Phillip氏と様々なアクティビティを行い、その中で、アメリカ英語とイギリス英語の違いにも触れました。終了行事では、一人一人、自身の名前が印字された来校認定証をいただきました。滞在先の最寄り駅に戻った後は、近くのショッピングセンターで、お土産を購入しました。明日からは、滞在先のArdmore Berkshire Collegeでの活動が続きます。

 

カテゴリー: SGH, 海外修学研修 パーマリンク

平成29年度海外修学研修 4日目

4日目は、2グループに、それぞれ引率教員、添乗員、Ardmore Berkshire Collegeのスタッフが加わり、ロンドンでのフィールドワークを行いました。バッキンガム宮殿の前での集合写真からフィールドワークをスタートしました。その後、Aグループは、全行程を徒歩で移動し、大英博物館に向かい、昼食後、Covent Gardenでショッピングを行いました。Bグループは、tube(地下鉄)で移動し、大英博物館、昼食後、フリーメイソンズホールを訪問し、ショッピングをしました。大英博物館では、ロゼッタストーン、死者の書など教科書に登場するものの実物を目にし、知識を裏付ける貴重な物に出会う瞬間がありました。

また、些細なことですが、ロンドン市内にバスで移動しているときに、先月のSGH発表会でのガードレールの安全性についての発表で、海外の事例として紹介されたガードレールを見つけました。これも、知識と体験が一致する瞬間で、気にもしないような風景の中に、発表会を聴いていたことで、小さな気付きがありました。

その後、2つのグループが合流し、Common Wealth(イギリス連邦)の施設であるマルボロ・ハウスを訪問し、Programme ManagerのS.Ram氏に、Common Wealthについての講義していただきました。Programme ManagerのS. Ram氏が、シンプルな英語で、丁寧に話してくださったので、Common Wealthの成り立ち、理念を理解することができました。S. Ram氏ご自身も、英語が第1言語ではないので、ミスを恐れないでほしいと言ってくださいました。生徒も、それに励まされ、時間の許す限り、6人の生徒が質問をしました。質問の中には、この研修に参加していない生徒がグローバルⅡで扱ったテーマに絡めた質問もありました。

今日は、1日を通して、グローバルⅡや日々の授業で学んできたことの一つ一つがつながっていくことを感じることができる1日でした。明日の学校交流でも、現地の学生との交流を通して、更に学びが深まればと思います。

 

 

カテゴリー: SGH, 海外修学研修 パーマリンク